伐採にはコツが必要である|家の庭を綺麗にする

お家

木を倒す道具

花

倒れる方向を見定めて

庭に樹木を植えて何年もたつとその木は大きくなり、枝を伸ばしてきます。さらに幹も太くなり、周りに植えてある植物や木に日が当たらないなどの悪い影響を与えることも少なくはありません。そんな時に思い切って大きく成長した木の伐採を行って、庭をすっきりと整えることもあります。伐採を行うときは、斧や手斧、チェーンソー、のこぎりなどの道具を使用して木を切断していきます。順番としては、最初に斧やのこぎりを使い大きく伸びた枝を切断していきます。次に枝がすっきりとしたところで、チェーンソーを使用して木の根元を切断していきます。このとき木が倒れていく方向をしっかりと確認して、徐々に切断をしていきます。その際倒れる方向を確定するため、倒れる方向にあらかじめ切れ込みを入れておくと目指す方向にしっかりと倒れていきます。

人気があるチェーンソー

木の伐採を行うのに、手軽で早く切断ができるチェーンソーを使用する人が多くなっています。電機や混合油を使用してエンジンを始動して、チエーンについた刃を動かすことで木を切断していきます。ホームセンターで市販されていて、値段も手ごろな価格の商品が多く出回っています。混合油を使ってエンジンを動かすタイプのほうが馬力も強いものが多く、人気の商品になっています。チェーンソーを使うときには、チエーンの張り具合と刃の状態で作業がスムーズになったりならなかったりしますので、使う前に必ず点検を行ってから、使用するようにしてください。機材の調達や伐採が難しい場合は、木々の伐採を専門としている業者に依頼するのも一つの手です。はじめに具体的にどう切るのか等の打ち合わせをしてしまえば、後は無駄なく効率的に作業を代行してくれるので、時間の短縮にもなるばかりか仕上がりもキレイになります。さらに業者によっては、伐採した気を引き取ってくれたり、定期的に経過を確認してくれたりするところもあるので、よく調べて受けたいサービスがあるところを選ぶようにしましょう。